【国立がん研究センター】血液1滴からがん13種早期発見できるようになるんだと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0




f:id:sarapan2014:20170723095717p:plain

こんにちわ!しろんです。

 

もしこれが本当だとすれば、とても素晴らしいことだと思いませんか?

がんって早期発見できれば助かる確率がグッと上がるんだよね?

しっかり検査しなかったり、定期検査を受けてない人が、気づいた時には手遅れ・・・ってパターンありますからね・・・

13種のがん

胃がん/乳がん/大腸がん/卵巣がん/食道がん/前立腺がん

膵臓がん/ぼうこうがん/肝臓がん/骨軟部腫瘍/胆道がん

神経膠腫/肺がん

 

この13種の早期発見の新たな検査法を国立がん研究センターが開発したんだって!

来月から臨床研究・・・早ければ3年以内に事業化申請を行うそうだよ。

今の若者にとっては素晴らしいことだね。


 

血液1滴からそんなに解る時代

血液の持つ可能性ってそこまであったんだね。

どうやら、細胞から血液中に分泌される、遺伝子の働きを調節する

微小物質『マイクロRNA』ってのを活用するみたい。

正常な細胞とがん細胞とではマイクロRNAの種類が異なり、一定期間分解されないんだってさ。

その結果を判断し、がん細胞を見つけるって事なのか。

 

正直ちんぷんかんぷんだが(((( ;゚д゚)))

 

95%の診断率って、相当精度が高いね

医学的にどうなんだろ・・・

100%じゃないとダメって見方なのか、95%は十分高いと見るのか。

個人的には十分な信頼度だと思うけどね。

 

どうやら各種がんは、それぞれ固有のマイクロRNAを持ってるそうだよ。

ステージ1から判別できるっていうんだから凄いよね。

早期で発見・治療が行われれば、がんで亡くなる人ってのは激減するかもだね。

 

人間ドックといわず・・・

本格的な人間ドックに限らず、会社の健康診断で血液とるじゃん?

そんときに一緒に見れないのかねぇ。

金がべらぼうにかかるとかだと、結局金持ちしか助からないってなるけど・・・

その辺どうなんだろうね。

 

まとめ

まぁこれが現実的になれば、人の寿命というか、亡くなる人の数が減ると同時に、

どっかのタイミングで大量に人口が減る時がきそうだよなぁ。


おすすめ記事

サイト内検索はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんな記事も読まれています

人気記事

人気記事