【グロ虫注意】ヒェ…新潟県柏崎市で世界三大奇虫の一つヒヨケムシが日本で初めて見つかったと話題!

2018年5月24日(木)新着記事

↑の最新記事リストは、今の記事の最後にも掲載されていますので、この記事を読み終わった後にでも、お楽しみください^^




f:id:sarapan2014:20171221141808p:plain

虫がダメな人にしてみりゃ、これは完全にアウトかもしれんなぁ・・・

一見するとクモなんだけど、脚が10本もあるんだよね。

一応種別的には蜘蛛に分類されるのかね?

 

節足動物門鋏角亜門クモ綱ヒヨケムシ目に所属

ってwikiには書いてあったけど・・・ようするに蜘蛛の仲間ってことでええのんか?

 

世界三大奇虫の一つ・・・

f:id:sarapan2014:20171221143114p:plain

ウデムシ・サソリモドキ・そしてヒヨケムシが世界三大奇虫と呼ばれているそうだ。

ウデムシに関してはハリーポッターの劇中にも登場していたので見たことがある人は多いんじゃないかな・・・

 

奇虫とはよくいったもので、ホントこの世のものとは思えない姿形をしている。

ファンタジーに登場してもなんら違和感はないよね。

 

f:id:sarapan2014:20171221143513p:plain

サソリモドキも正直出会いたくない虫やな・・・

 

ヒヨケムシは、どこで見つかったのか?

今回ヒヨケムシが見つかったのは新潟県柏崎市豊町の新築住宅地。

10月のある日、奇妙な生き物が室内で発見されたという(((( ;゚д゚)))

見つけた人は虫かごに入れて最初は飼っていたそうだが、11月になり気味が悪くなり、市立博物館に持ち込んだんだってさ。

 

今現在も弱っているものの、博物館で生きているそうだよ。

一般公開の予定はないんだってさ。


 

何故日本にヒヨケムシが?

ヒヨケムシは元々、アフリカや南米など熱帯・亜熱帯に生息しているそうだ。

その種類は約1000にも及び、中には毒を持つものもいるそうだが、今回発見されたヒヨケムシは毒のないタイプだったようだ。

 

特徴としては毛に覆われた脚が10本あり、動きが素早く、体長は大きいもので10センチ以上の個体も確認されているそうだ。

今回見つかったものは体長1.5cm程度のもので、まぁ・・・それでも可愛いとは言いがたい。

 

それにしても、何故熱帯地域にいるはずのヒヨケムシが日本の新潟にいたんだ?

どうやら新築住宅のための資材に付着して日本に来た可能性が高いそうだよ。

ヒアリと一緒ってわけか・・・

 

ちなみに繁殖した様子はないそうだ。

 

虫こそ宇宙から来たのでは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sarapan2014/20170718/20170718093048.png

虫って奴は、可愛いのもいるが、そのほとんどがグロいじゃないですかぁ・・・

【虫 グロ】で検索したら気分悪くなってきたぜ。

地球に当たり前に住んでるけど、あれってやっぱり宇宙から飛来してきたって事なんかねぇ・・・

 

あまりに違いすぎるものね・・・他の種と比べて・・・

田舎暮らしも静かでいいかもだが、虫の事を考えるとなぁ・・・

 

まとめ

そういえばヒアリの件をすっかり忘れてたけど、関連のニュースを聞かないってことは広がる前に駆除できたってことなのかなぁ?

危険だからなぁヒアリは・・・毒があるのは勿論だが、毒がなくても日本の本来の生態系がドンドン崩されてるっていうからね。

外来種のせいで・・・出来る事なら日本独自の環境を保ってほしいものだよね。


 

おすすめ記事

今日の更新

2018年5月24日(木)新着記事

2018年5月17日(木)新着記事

サイト内検索はこちら

こんな記事も読まれています


 

人気記事

人気記事