【事故】ランニングバイクで公道を走行した4歳児がはねられ死亡!自殺行為と話題!

リンクユニット

宣伝枠

2018年9月20日新着記事リンク一覧

広告

ノーブレーキ&ノーペダルのランニングバイクとやらが、今流行っているようだが、

これによる事故が起きてしまったようだ。

 

事故は9月13日の午後7時ごろ、岡山県倉敷市玉島八島の市道交差点で起きた。

ランニングバイクに乗っていたのは4歳児。

 

夜間、ライトもつけず、ヘルメットもつけず、公道を走行。

祖父が付き添いでいたが、犬の散歩の片手間にすぎず、

注意する間もなく、左折してきたワンボックスカーに子供は、はねられ、死亡した。

 

まさに自業自得である。

 

自殺行為でしかない

もうツッコミ所が満載なのだが、一体何をしたかったのか・・・

夜間、ライトもつけず、あんな小さな子供が行動をバイクで走行。

しかもノンブレーキ・・・

 

祖父がついているといっても、犬の散歩の片手間でしかみておらず、

ハッキリ言ってついている意味などない。

 

これで事故るなというほうが難しいだろう。

ワンボックスカーの運転手のほうこそ被害者といっても過言ではない。

 

そもそも何故ブレーキがないのか?

調べてみた所、ものによってはブレーキがあるタイプのランニングバイクも存在するようです。

ただ、ブレーキが無いものもあり、むしろない方が主流な感じですな。

 

こちらのストライダーというモデルの説明で、ブレーキがない理由を、こう説明している。

「足で止まるのが最も止まりやすい」

 

小さな子供にとっては、大人がイメージする以上にブレーキ操作は困難です。

十分な握力が備わっていないのもそうだが、『ブレーキレバーを握る』ことは、

直感的操作ではないので、危険を察知してから動作を起こせるようになるまで、

相当な時間がかかります。

 

確かに、もっともらしい説明ではあるが、あってこまるものではないでしょうに。

結局コストカットしたかっただけでは?

まぁ、ブレーキのあるタイプもあるわけだから、買い与える親の判断なんだろうけど。


 

道路族のバカ親が絶えないのは何故なのか

ランニングバイクだけじゃなくてさ。

こういうキックボードやスケボーでさ、道路走ってるクソガキをたまに見かけるんだけどさ。

正直ハネられて死ねばいいのにって思うよね^q^

 

いやぁ、それだと運転手があまりに気の毒か。

とにかくバカなまねは止めろ!!

 

親がどうしようもないバカだから、子も当然馬鹿になる。

親が道路で走っちゃいけないと躾ければ、道路で走るのはやめるだろうに。

DQNの連鎖よ。

 

DQNに育てられた子供に、そういう常識の概念はないので、

そのDQNの子供も、当然DQNになるので、永遠DQNの血は絶えない。

 

たまにこうやって事故で自然淘汰されてるけど、DQNの血筋ってのは、なかなか絶えないね。

 

車道はもちろんだが、歩道もやめろ

キックボード、ランニングバイク、くねくねマシーン(ブレイブボード)

これらに共通してんのってブレーキがないよね。

それでいて人ごみとか、細い道とか突っ込んでくるんだから歩行者はたまったものじゃないわけさ。

 

どっか広場なり公園で走り回れよってのは激しく思う。

ところで、そういう乗り物で歩行者に怪我を負わせた場合って、当然悪いのは向こうになるんだよなぁ?

 

モンスターな親なら逆に言いがかりつけてきそうだけど。

とにかく迷惑だよね。

へんなもん流行らせるなといいたい。

 

まとめ

まぁ4歳で死ぬのは気の毒だとは思うが、躾けてくれなかった馬鹿な良心と、

しっかり面倒をみてくれなかった祖父を恨むしかないね。

運転手は悪くないと思う。

 

むしろ、運転手に謝り倒せって思うわ。

マジで可哀想・・・


 

おすすめ記事

Random Posts
更新

宣伝枠

2018年9月20日新着記事リンク一覧

サイト内検索はこちら