『がいがぁかうんたぁ』を真似て少女を襲っていた男が逮捕→警察が作者のクジラックス氏の自宅へw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0




f:id:sarapan2014:20170614101023p:plain

こんにちわ!しろんです。

いやぁ・・・また馬鹿な男がいたもんだね。

 

「放射能の調査をする」と嘘をついて家の中に入り、女子中学生の体を触ったとして、埼玉県警捜査1課と草加署の合同捜査班は13日、住居侵入と強制わいせつの疑いで、同県草加市北谷の無職、矢崎勇也被告(35)を再逮捕し、さいたま地検に送検したと発表した。

 

この矢崎容疑者が行った犯行手口が、クジラックスさんの漫画『がいがぁかうんたぁ』に出てくる内容と酷似していたようだね。

 

その結果、作者さんのとこにも警察がやってきて話をきいたそうだけど、

ご本人のツイートによれば、そこまで仰々しいものではなく、形式的なものだったみたい。 

 

フィクションに文句を言われても・・・

日本では漫画・アニメ・ドラマなど、刑事モノとか犯罪を取り扱った内容のものは沢山ある。

例えばそれらの作品に影響を受けたと、犯人が自供したとして、いちいち作品および作者が警察にあーだこーだと言われるのはバカバカしいですよね。

 

今回、クジラックスさんがこういう自体に陥ったのはエ口漫画だったからなのかなぁ。

まぁ・・・内容が内容なだけに、仕方ない・・・部分はあるのかもだけど。

しかし、サツジン事件は許されて少女モノがダメという線引きはなんなんだろうか・・・


 

今後は過激なものは、たとえフィクションでも規制される日本になるのか?

規制規制規制!

規制をすればいいというものでもないと思うんだけどね。

規制を強めた結果、凶悪な事件が増えたという見方も出来るかもしれないし。

 

フィクションや漫画で発散できていたものが出来なくなり、リアルの世界で発散を求めるようになったら意味ないと思うんだけどな。

 

まぁ・・・逆の場合も無きにしも非ずだから、難しいところなんだろうけどさ。

 

クジラックス氏の漫画は2chでも賛否は分かれる

個人的には内容はともかく、画風はとても好みなのが困るw

まぁ・・・内容については確かに賛否は分かれるだろうなw

ヤバイっちゃあヤバイからな・・・

 

まとめ

とにかく言えることはフィクションはフィクション。

子供ならともかく、いいオッサンならそこらへんの判別をつけて、

くれぐれも真似しようなどと思わないことだね。

 

まぁ・・・普通は真似しないんだろうけどさ・・・。


おすすめ記事

こんな記事も読まれています



人気記事

人気記事

人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存