キャトルミューティレーションは一般常識!アブダクション経験者って少ないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0




f:id:sarapan2014:20170222195238p:plain

こんにちわ!しろんです。

なんかキャトルミューティレーションが話題みたいですが、今の若者はこの言葉にピンと来ないのでしょうか?

 

一般常識・・・とは言い過ぎな気もするけど、普通に解る言葉だと思ってたw

僕が子供の頃からUFO関連の番組ではごく当たり前に使われていた言葉ですからね。

 

キャトルミュ―ティレーションとアブダクションを混濁してる

どうやら世間的にはキャトルミュ―ティレーションがUFOに誘拐されることだと思われてる方がいますが、実際には家畜が血や贓物を抜き取られ、変死体で見つかる事象のことをさすと思います。

 

で、アブダクションの方が、UFOや宇宙人にさらわれることだと思います。


 

アブダクション経験者はなんらかの記憶を残す

かなり衝撃的な事ですから、実際全ての記憶はないにしろ、アブダクション前後の記憶は残る事が多いみたいです。

 

UFOにさらわれる夢を見たり、起きたら鼻血が出ていたり、インプラントの痕跡が残っている場合は、高確率でアブダクションされた可能性があります。

 

アブダクションは避けられない

標的にされてしまった場合は諦めてください。

恐らく抵抗はできません。

残念ながら身を任せる他ありません。

 

その後、体に何か異変が起きたりはしないと思いますし、特殊な能力に目覚めたりはしないと思います。

 

まとめ

日本ではキャトルミュ―ティレーション自体が珍しい話だと思ったけど、アブダクションの経験者ってどのくらいいるんだろうか?

ちょっと話を聞いてみたい。

僕の経験したものと聞き比べをしてみたいですね。

 

後退催眠というのも一度受けてみたい気がする・・・


おすすめ記事

サイト内検索はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんな記事も読まれています

人気記事

人気記事