【がっちりマンデー】破れない紙素材『LIMEX(ライメックス)』が凄すぎると話題!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0




f:id:sarapan2014:20171126081448p:plain

石灰石からつくられる革命的な新素材・・・それこそが『LIMEX(ライメックス)』

がっちりマンデーで取り上げられ、話題になってるそうですよ!

石灰石が主原料で、紙やプラスチックの代替になる存在になりえる素材だそうですよ。

エコノミーとエコロジーの両立が出来るのであれば、まさに『神』素材じゃないですか! 

 

名刺・レストランのメニュー・ポスターなど

水に強く、破れにくい・・・

確かに外に張り出すポスターとか、イチイチラミネート加工しないといけないレストランのメニューとか、使い道は様々!

 

そもそもラミネートよりもコスパがいいらしいんで、同人業界にも注目を浴びそうな感じだそうです。

いやはや・・・すごくない?

 

木を切らなくて済む

紙と同質・・・いや、強度の面では紙以上か。

そんな素材がローコストで実現できるなら、木を切らずに済むんだねぇ。

それだけでも価値があると思うなぁ。

 

だって、木の成長ってもの凄く時間もかかるし、地球に生きてるのは人間だけじゃないんだもんね。

 

都市開発目的とかの伐採もそうだけど、こういう紙とかのために切られる木が少しでも減るなら、凄くエコロジーだよね。


 

LIMEX(ライメックス)は株式会社TBMが開発

改めて・・・

LIMEX(ライメックス)とは、株式会社TBMが開発・製造をする石灰石を主成分に紙やプラスチック代替となるエコノミーかつエコロジーな新素材。

LIMEXの主原料である石灰石は世界各地にほぼ無尽蔵に存在し、国内での自給率は100%を誇る(((( ;゚д゚)))

 

株式会社TBMは2011年8月に設立されたベンチャー企業だそうです。

東京都中央区銀座に本社があり、新素材LIMEXの開発、製造、販売を行っているそうだよ。

 

今年の3月より、ラクスルでLIMEX製品を販売が始まったばかりみたい。

いやはや、今後の事業展開が気になりますね!

 

ふむ・・・安くはない?

なんかこんな素晴らしい素材がどの位の値段で購入が出来るのか、ラクスルの名刺で見てみたんだけどさ。

 

通常サイズの名刺で、

上質紙(ケント)が1週間の納期で100部463円に対し、

ライメックスが1週間の納期で100部1730円と、かなりお高い(((( ;゚д゚)))

 

技術がおっついてないから高いのか・・・

それともすげぇ技術だからこんくらとったれぇ!っていう金儲け思考なのか・・・

 

なんか印象変わってしまったなぁ。

こんなんじゃ、まだまだ紙に変わるなんてとてもじゃないけど言えないのでは?

 

まとめ

まぁ技術向上や、大量生産が可能になれば、もっと安く、早く出来るようになるのかもだけど、今はまだ個人が手にするには厳しいかもだねー。


 

おすすめ記事

サイト内検索はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんな記事も読まれています

人気記事

人気記事