【オカルト】心霊現象が起きる南無阿弥村は宗教施設跡地で現在は石材屋?【イタズラ説】

リンクユニット
広告

f:id:sarapan2014:20180308053336p:plain

今ネットで話題になっている南無阿弥村。

神奈川県小田原市久野に存在するその南無阿弥村はGoogleマップにて確認することが出来るが、見るからに怪しい村である。

 

近くで起きた不可解な心霊現象

f:id:sarapan2014:20180308060140p:plain

たまたまこの周辺を走っていた際、Googleのナビが異常をきたし、目的地設定していた自宅が、この周辺だとアナウンスを始めるほか、Bluetoothは切れ、辺りには

首なし地蔵や石碑など、不気味なオブジェクトのオンパレードだったようだ。

 

これがGoogleのバグなのか、心霊現象なのかは、判断がつきにくい。

例え霊感を持つ人でも、波長が合わなければ、感じ取れない部分はあるし、難しいっすよね。

 

でも、波長が合っちゃうと、肌で感じますからね。

ヤベェって。

 

石川典行氏が凸した結果

どういう経緯なのかは知らないけど、心霊スポットって言われてる南無阿弥村の現地に行ってやるぞ!

ということで、現地を調査。

 

その結果解った事は、宗教施設跡地らしいという点と、

現在は石材屋が入っているという事。

 

つまり私有地のようだ。

現地まで行かなければ解らなかった情報ではあるが、オカルトマニアの皆にとっちゃ、拍子抜けな事実だったかもしれない。

 

しかしながら、そこが心霊スポットかどうかは別の話だけどね。

 

とはいえ、商売をされている場所を心霊スポットだと言っちゃうと、色々とややこしい事になるので・・・

心の中で思う程度に止めておきましょう。

 

それと、私有地らしいので、現地を訪れるときはくれぐれもその点を注意しましょう。

特に、深夜にこっそり忍び込むなどの行為は迷惑がかかるのでくれぐれもやめましょうね。


 

そもそも誰かのイタズラなのか?

f:id:sarapan2014:20180308060306p:plain

GoogleMapの南無阿弥村という地名が、そもそも正しいものなのか?

という点だが・・・

どうやらネット民が調べたところによると、この土地は比較的新しく開拓された場所らしく、大昔から存在する村でもないようなのだ。

 

それこそ2000年代に入ってから出来たらしく、そんな時代にわざわざ

『南無阿弥村』とつける理由などないわけで・・・

 

となれば、誰かがイタズラで地名登録した可能性が高い。

Googleマップでたまたま見つけた廃墟っぽい寂れた場所に、面白半分で南無阿弥村・・・とつけた可能性。

 

関係者によるメッセージの可能性はないのか?

宗教施設跡地・・・

私有地故に、色々調べられないだけで、ここで過去に”何か”が起きていた可能性は否定できない。

 

それこそ、掘り起こしてみたら、どえらいもんが出てくるかもしれない。

それは石材屋さんが入る前に起きていて、その当時の関係者が、意図的に不気味な名前をつけ、注目を集め・・・

 

何かのメッセージを送っている説も、なくはないのかもしれない。

まぁ・・・どれも憶測止まり・・・検証する術はないですがね。

私有地である以上、勝手に掘り起こすワケにもいくまいて。

 

そもそも、無断で立ち入る事もダメだからね?

 

まとめ

今回の南無阿弥村は、イタズラだったかもしれませんが、

南無阿弥村という地名が、日本の何処かに存在していたかどうかは解りません。

古い文献を紐解けば、”南無阿弥村”という名称の村が実在していたかもしれません。

 

オカルトはロマンです・・・

まだ見知らぬ謎が、この地にも沢山眠っていそうです。


 

おすすめ記事

Random Posts

サイト内検索はこちら