【毒親】医療的ケア児を普通学級に入れて特別扱い巡り自治体に330万円の慰謝料請求!

リンクユニット
新着
広告

f:id:sarapan2014:20180913151705j:plain

医療的ケア児を普通学級に通わせ、その学校の対応が障害者差別に当たるとイチャモンをつけ、自治体に330万円を慰謝料を要求したそうです。

本当に酷い親もいるもんだと思いましたね。

学校側は普通に対応しているだけじゃないのか・・・

 

一体何がムカついたのか? 

学校側の主張

「医療的ケア児ですので、集団登下校や遠足への保護者の付き添いが必要です」

 

毒親

「でも、調べたら、それって

 障害を理由とした差別を禁じた『障害者差別解消法』に違反するんじゃね?

 これまでの4年間付き添ってきた分の慰謝料を要求する!!」

 

すげぇな(((( ;゚д゚)))

 

詳細

その医療的ケア児は、1日数回、吸引器具でたんを取り除く必要がある子だったそうだ。

そのため、学校側は保護者に吸引器具を毎日持参して持ち帰ることを求めていたのね。

母親もその指示に従い4年間、子供に付き添ってきたそうです。

 

まぁこれは当然というか。

母親もこれには納得してるのかな?

 

でも納得できない事もあったようだ。

 

・学校側がケアを実施する支援員を1人しか用意しなかった。

 支援員一人では、支援員に万が一の事が起きた時、医療的ケア児を面倒みれないので

 遠足や校外学習の時は、保護者の付き添いを求めた。

 もし付き添えないのであれば、欠席か特別授業で。

 

恐らくこの対応が納得がいかなかったのか。

でも、学校の言い分は至極真っ当に思えるのだが・・・

他にもある。

 

・『切開部に水が入ると危険』という理由から水泳の授業は参加させられなかった。

 保護者は同様の医療的ケア児でも他校では参加していると説明。

 しかし、よそはよそ・・・と対応に応じなかったようだ。

 

いやいやいや・・・ほんと学校は当たり前の事を言ってるだけだよな?

もし何かあれば、火の如く怒るくせに。

ここは支援学校でも何でもなく普通学級ですよ・・・


 

愛知県教育委員会の指導

愛知県教育委員会は保護者から相談を受けた際、学校側に

 

『医療に関わるアクシデントが起こるかもしれない』

・・・との不安を理由に登下校中の付き添いを求めたのなら問題がある

 

と指摘したそうだ。

そして、解決策を検討するよう指導したようだが、結局何もかわらなかったそうです。

いやいや・・・変えようがないというか・・・

 

普通学級だから、付き添いもなにもなしで!

それが差別のない普通学級としてあるべき姿です!

 

って・・・いったところでだよ?

結局なんかあったら、学校のせいにするんでしょ?

だったら付き添い求めるのは普通でしょ。

何が問題なのか全然理解できない。

 

健常者と障害者を都合よく使い分けるな!

ようするに、この保護者は

『普通学級に通わせてるんだから

 普通学級の生徒として扱え!!でも問題が起きたら、てめぇら許さんぞ!!』

って言いたいわけでしょ?

 

とてつもないワガママやと思いませんか?

 

自分の子は普通・・・そう思いたいのかもしれないですけど、

それって一番傷つくの子供じゃないのか。

 

どんなにキレイ事を並べ立てた所で、普通じゃないんだからさ・・・

普通って言葉もアレな気がするけど・・・

 

とにかく”自分は人とは違う”という認識を親も認めるべきなんだよ。

周りは当たり前に出来て、自分にはそれが出来ない。

どんなに苦しい事か。

 

まだ同じケア児ばかりの中で生きていけば、そこまでの劣等感に悩まされる事はないと思うんだけどな・・・

 

まとめ

なんかこの保護者は、子供に付き添うのが面倒だから、全部学校に丸投げしたいみたいな感じがするんだよな・・・

だったら初めから支援学校とかに通わせるべきでしょうに。


 

おすすめ記事

新着記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索