【腐女子カースト】通報されツイッター凍結からの配信停止へ!

リンクユニット
広告

何故配信中止を決めたのか?炎上商法ではなかったのか?

f:id:sarapan2014:20190119095144p:plain

『腐女子カースト 底辺同士のマウント合戦』なる漫画がツイッター上で話題になって

僅か数日足らずで配信停止までに追い込まれてしまったようだ。

詳しい内容は↑を見て欲しい。

確かに内容は途轍もなく不快ではあったが、あれは炎上させるだけ炎上させて、

売り切ろうという『炎上商法』だと思ったのだが・・・

 

予想以上に炎上しちゃって、配信停止も已む無しだったのだろうか?

 

ツイッターが凍結される

作者のツイッターアカウント、そして、腐女子カーストの作品アカウントがあったようですが、

作者は逃亡・・・アカウントを消して逃走した模様。

作品アカウントも、通報され、内容が不適切だったのかアカウントは凍結されたようです。

 

確かにあの内容では凍結もありえるか・・・

 

COMIC維新リアラの判断

1月21日の段階で、腐女子カーストを配信していた大元である、

COMIC維新リアラが、腐女子カーストの配信停止を決定。

発表したそうです。

 

『当レーベルより電子配信しております、

 「腐女子カースト~底辺同士のマウント合戦」について、

 読者の皆様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ござません。

 

 当該エッセイは近日中に配信停止させて頂くことになりましたので、

 ご報告させて頂きます(略』

 

とのこと。

 

まぁ、あのままの勢いだと、腐女子カーストに留まらず、

COMIC維新リアラまでもが標的になりかねない勢いでしたからね・・・

これは英断だったかもしれません。


 

漫画家・おくいぞめの画風はヤバイ

正直、あの手の漫画家の酷すぎる描写は、今後も内容に関わらずバッシングされる可能性が高い気がする・・・

 

あそこまで悪意の塊のキャラクターも、中々ないだろうしなぁ(´・ω・`)

何描いても炎上しそう・・・

 

今回の炎上騒動を受けて、原作者よりも、作画してた漫画家が痛手を食う結果になったかもだなぁ。

 

作品が販売中止に追い込まれる程酷いのは稀か

しかし、去年だったか、作者のヘイトスピーチがきっかけで、

せっかく決まったアニメ化の話はおろか、出荷停止処分までなった

『二度目の人生を異世界で』という作品があったな・・・

 

やはり現代の流れ的にも、作品の内容や、作者の言動で、

あまりに目に余るものは、炎上対象になるってことだよなぁ・・・

 

そして、一度火がつき燃え広がれば、焼き尽くすまで炎は消えないってね・・・

実におそろしかとです。

 

まとめ

腐女子カーストという漫画、本当にどうしようもないとは思いつつも、

まさかここまでの事態に発展するとは思いもよりませんでした。

自業自得・・・といえば、それまでかも知れんけど、可哀想と言えばかわいそうか。

 

まぁでも腐女子の皆さんからすれば、当然の報いって思われてるかもね。

女性はやっぱ怖いぜよ・・・


 

おすすめ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索