【鬼畜】農業アイドルをパワハラで自殺に追い込んだHプロジェクト株式会社を許すな!!

リンクユニット
広告

愛媛県を拠点に活動していた、いわゆるご当地アイドルの『愛の葉Girls』

彼女達は農業アイドルとして活動をしていた人気者だったようだが、メンバーの一人

大本萌景さんが今年の3月21日に、自ら命を絶った。

 

まだ16歳・・・青春真っ只中で、何故彼女は死ななければならなかったのか?

全ての原因は、Hプロジェクト株式会社の佐々木貴浩というクズ社長のようだ。

 

今も逃げ回ってるのか、サイトは準備中になっている。

遺族はグループ所属事務所を相手どり、慰謝料などを求める訴訟を明日にでも起こすようだ。

 

絶対に許すべきではないだろうな。こんなクズ。

 

頭のおかしい労働時間

自殺した大本萌景さんは、2015年に愛の葉Girlsのオーディションを受け、見事合格した。

そして同年7月よりメンバーとして活動を開始する。

 

グループ活動は土日がメインで、物販やライブイベントを行っていたようだ。

その労働時間がおかしい。

 

早い時は、朝4時半に集合し、解散が午前2時になることもあった・・・だと?

労働基準法で、未成年はそんな時間まで働けなかったんじゃなかったっけ?

てかおかしいでしょ普通に考えて・・・

 

そんな時間まで働くって、何をどう働くのさ。

 

さらにレッスンは週に3~4日・・・

そういうのって芸能一本でやってくスケジュールじゃないのか。

彼女はまだ学校通ってたんだよね?

 

仕事で学校に通えなくなる

大本萌景さんは2017年には通信制の高校に進学。

しかし、この頃はさらに忙しさが増し、平日の日中までもイベントに拘束され、

登校日の日曜日も当然ながら仕事でいけず・・・

 

学業との両立なんて、とてもじゃないけど無理である。

16歳にして過労ですよ!!

こんなコトが現実に起きてるの?今のアイドルって。

 

流石にこれが特殊すぎると信じたいが・・・

 

とにかく、こんな生活に耐えられなくなった大本萌景さんは、辞めたいと口にするように。


 

辞めるなら違約金1億円な?

「もう無理です・・・辞めたいです」

「ほなら、全日制の高校に行けばええんちゃうん?

 そうすれば、休日のイベントにも出れるしさ。

 大丈夫大丈夫、金の心配はせんでええからw」

 

「・・・」

 

結局押し切られ、通信制の高校を退学。

私立校の入学金・3万円を事務所に借りて納入。

その後、制服代などとして7万円を借りたという。

 

は?

 

ほんま「は?」ってなるんだけどさ。

こいつどう考えてもアイドル使って荒稼ぎしてるのに、10万も払ってやれないクズなの?

いや、そのまえに、これほどまでに激務をしながら彼女達はお金ちゃんと貰ってないのか?

 

その後、大本萌景さんを心配した母親が契約満期の2019年8月末で辞めたいと伝えたそうだ。

 

・・・・・

・・・

 

大本萌景さんが自殺する前日の3月20日・・・

事務所に高校に納付しなければならない残りの12万を借りるために母親と訪れた萌景さん。

 

「金は貸さない」

 

社長は二人を突き放した。

 

その夜、社長は萌景さんに電話・・・

 

「辞めるなら違約金として1億円払え!!」

 

正直、これ聞いた時点で、このクズ社長には殺意しか沸かないんだけど。

ホント人間じゃないよこいつ。

 

・・・・

・・・

 

翌朝・・・大本萌景さんは周囲に「社長に裏切られた」と話し、自室で命を絶ったという。

 

佐々木貴浩を絶対に許すな!!

本当なら死をもって償わせるべきだとは思うのだが、この男には死すら生ぬるい。

一生かけて償い続けろ!!

 

名前  :佐々木貴浩
生年月日:1968年
年齢  :50歳
出身  :愛媛県新居浜市
実家  :割烹料理店
会社  :Hプロジェクト株式会社
所在地 :愛媛県松山市中野町甲726-2

 

死んで楽になろうと思うなよ?

まだ16歳の少女を自殺に追いやった罪、絶対に償えよ!!

一生かけて償え!!

 

まとめ

この最悪の結末を迎える前に、もっと絶対やりようがあったと思う。

正直なところ、ご両親は何をしていたのか。

こんなん誰が見ても異常です・・・もっと早く出るとこ出てれば・・・

 

今更言っても娘さんは帰ってこないですけどね・・・

悲しすぎるでしょ。

今まで愛媛や農業を盛り上げるために、一生懸命頑張ってきたのに。

 

それを食い物にして荒稼ぎして、命まで奪うって・・・

どうにもコイツは許しがたいです。

地獄に堕ちろ!!


 

おすすめ記事

サイト内検索はこちら

Random Posts