https://www.piconyan.net

トレンドネタ

【将棋】藤井聡太四段VS羽生善治竜王!公式戦で初勝利なるか!?

投稿日:2018年1月17日 更新日:

f:id:sarapan2014:20180117183609p:plain

藤井四段は朝日杯 将棋オープン戦2回戦で佐藤天彦名人と対局し、

見事に勝利を収めたわけですが、この勢いのまま、次の対戦相手・羽生善治竜王に勝つことはできるのでしょうか!?

 

名人に勝つこと事態凄いこと

f:id:sarapan2014:20180117184028p:plain

将棋に詳しくない自分みたいな人にしてみれば、藤井四段の凄さが今ひとつ解らないと思うのだけど、ピラミッドで見ると非常に解りやすい。

 

藤井四段は腕前は凄いものの、位で見ると、まだまだ下の方に位置してるんだね。

頂点に君臨する佐藤名人を下した事が騒がれるわけだね。

 



藤井四段は早指しが強いのか?

f:id:sarapan2014:20180117184553p:plain

公式戦のルールとして持ち時間が40分だったらしいのだが、藤井四段は121手で佐藤名人を下しています。

将棋というと、長い時間を要して、考えに考えて指していくイメージがあるのだけど、

その試合ごとで、ルールがあるんですなぁ。

様々なスタイルに順応していかないといけないのは大変だなぁ。

 

でも逆に、この早指しが得意って人には有利になるわけだよねぇ。

藤井四段も、どちらかというと得意なほうなのかな?

 

藤井四段

「序盤は苦しい対局かなと思っていて、

 最後はなんとか押し切ることができたのはよかったです。

 佐藤名人を打ち負かすことが出来たのは、とても自信になりました。

 

 実力的には、まだまだいたらないところが多いと、

 日々感じておりますので、まずはもっとしっかりと実力をつけて、

 そのうえでタイトルを目指したいと思います」

 

f:id:sarapan2014:20180117185309p:plain

佐藤名人

「終盤の踏み込みが鋭いということでした。

 その鋭い感じ以外にも、やはりじっくりとした戦い方も強さを持たれている」

 

名人にここまで言わせるだけの力を、若くして持っているって事だもんなぁ。。

本当に将来が楽しみすぎるね!

 

後半は羽生竜王について語る!!



 

次のページへ >

オススメカテゴリー

-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.