トレンドネタ

【裁判】ドーナツを大量に詰め込み死亡した知的障害者遺族7200万円の逸失利益に疑問の声

投稿日:

逸失利益に7200万円?明らかに言いがかりだと思う

f:id:sarapan2014:20190218000202j:plain

2013年に、重度の知的障害・鶴田早亨さん(当時28歳)が、障害者施設を抜け出し、

近くのドーナツ屋で大量のドーナツを口の中に詰め込み死亡した事故に対し、

施設側は遺族に1800万円の支払いを申し出るも、

額が同世代の健常者に対する死亡賠償金の1/4しかないと訴え、7200万円の賠償を求めたようだ。

 

この判決が22日に名古屋地裁で言い渡されるようだけど・・・

明らかにオカシイよね。

 

障害者と健常者で逸失利益が同じなワケがないじゃない?



逸失利益とは、本来生きていれば、将来稼げたはずのお金を言うそうですが、

亡くなった鶴田早亨さんは重度の知的障害だったのでしょう?

親の立場からみれば、子供は障害者も健常者もなく同等に感じるのは、

それはそうだと思うけどさ。

 

じゃあ、一旦冷静に考えて健常者と障害者の将来の稼ぎが

本当に同等だと断言できるのだろうか??

まぁ・・・健常者だからといって、どれだけの収益を得るのかは人それぞれ千差万別でしょうけど、これを一律してどんな人でも7200万っていう物差しで計ってもいいのか?

 

施設に落ち度はあれど・・・

本来であれば脱走出来ないように施設では管理がされているようだけど、

何らかの事情で、その時は脱走が可能だったようで、

施設側の過失も当然ある。

 

だからこそ1800万円を支払うという判断に到ったんでしょうけど、

遺族側はこれで納得しなかったんだね。

 

怒るのはまぁ解るが、金額の多い少ないの問題ではないと思うのだけど。

うーん・・・



 

手に負えず施設に預けっぱなし

成人し、普通の男性の体力を持ち合わせながら、知的障害があった場合、

そりゃ並外れた苦労じゃないと思うし、施設を頼らざるを得ないのも解る。

だけど、施設だって人が運営している以上100%万能ではないでしょう。

 

遺族側も施設側の気持ちを多少なりとも汲んであげての7200万請求なんだろうか。

自分だったら、いうて1/2に留めると思う。

 

今まで施設にまかせっきりだった部分はあるし、施設に落ち度はあれ、

自分にも責任がないかと言ったら嘘になるからだ。

 

でも7200万を請求するってことは、施設側に恩義は感じているが

それとこれと話は別ってことなのかなぁ・・・

それとも恩義は感じてないとかなのかなぁ・・・

 

ドーナツ屋の損失は?



遺族は被害者であると同時に、加害者でもあると思う。

突然店にやってきて、ドーナツを食べだして、死亡事故が起きてしまった。

その場に居合わせた人や店員・・・そして店の印象等、

ダメージは計り知れないと思うのだけど、そういった点でドーナツ店にはどういう気持ちでいるのだろうか。

 

これで遺族が「7200万のうち3600万円はドーナツ屋にお支払いします」

とかなら、まだ納得が行くとは思うんだけど・・・

 

1800万円で折り合いをつけていれば、何も問題はなかったのに、

ここまで来ると、世間では遺族側を変な目で見ざるを得ないよね・・・

 

まとめ

施設も大変だよね。

お世話でただでさえ大変なのに、その上問題がおきれば全部施設のせいにされて、

多額の賠償金請求されるんだから。

 

これじゃあ施設自体なくなっていくと思う・・・

まぁ落ち度がある以上、賠償責任はあるだろうけど・・・流石に7200万円はふっかけすぎだと思うわ・・・

 

判決がどうなるのかは解らないけど、これは注目すべきかもだな。



 

おすすめ記事



カテゴリ

運営ブログ

ランダム記事

feed

follow us in feedly

-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.