https://www.piconyan.net

トレンドネタ

京急の事故を引き起こした原因は国土交通省と判明!

投稿日:

判り辛い標識、細い道・・・一旦入ると出られないアリジゴク

京急線事故・・・トラックの運転手が、何故事故を起こしてしまったのか?

地元民ならすぐに察する事ができるほど、危険な道だったようですね。

運転手がカーナビを使っていなかったこと、それに加え、判り辛い標識、最悪な道・・・

 

不幸な偶然が重なり起きた悲しい事故のようです。

それもこれも国土交通省の、お粗末な仕事が原因のようです。

 

ドライバーに対し、適切なナビゲーションが出来ていれば、避けられた事故だった。

地元民には、すでに危険な道・判り辛い道であることは把握されていたことからも、

行政もそれには気づいていたのでは?

 

にも拘らず、大きな事故が起きてないし、いーやーって後回しにした結果、

今回の惨事が起きていたとするならば、これは許しがたい事だと思うわ。

職務怠慢でしょ。

 

国土交通省がしっかりしていれば起きなかった事故

多分、今回のように国土交通省が雑な仕事をして、初見やナビなしを殺しにかかる、

ヤバイ道ってのは全国に存在するんだろうな。

 

全国を飛び回るトラック運転手の皆さんなら、よく判ってるんでしょうね。

恐らくそれが『トラックナビ』なるアプリで共有されているのでしょう。

 

今回事故に遭われた運転手の方は67歳だっけ?アプリは使っていなかったみたいなんですよね。

 

でも、それってアプリを使わなかった人の責任なのだろうか?

アプリの代わりになるのが標識案内でしょう?

それが全く機能せず、地獄に導くかのごとくなつくりって・・・

 

これはもはや責任問題ですよ。


ツイッターの反応


 

まとめ

自分はペーパードライバーなので、アレですが・・・

 この運転手さんも、相当パニックになったでしょうね・・・

道に迷い、到着予定時刻に遅れそうになって、判断ミスに繋がったのだろうなぁ。

 

これで、行政が動かなかったら、まさに無駄死にだよね。

今回の事故を教訓に、今一度判り辛い標識等の見直しや、適切な誘導をちゃんと促してほしいです。


おすすめ記事

オススメカテゴリー

-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.