トレンドネタ

【ネット】みんなで逮捕されようプロジェクト発足!きっかけは不正プログラム補導問題!

投稿日:

女子中学生がブラクラを貼って補導された件がきっかけ

f:id:sarapan2014:20190218000202j:plain

今月4日に放送された女子中学生他3名が補導・書類送検された衝撃のニュース。

兵庫県警が、ブラクラをネットに貼ったとみられる三人を家宅捜索し、補導・書類送検した。

 

「え?ブラクラ程度で?」

 

ってのがネット民の素直な反応だろう。

警察がいかに無知であることを世に示した事件。

 

JavaScriptのコードのミスで意図せずともブラクラのような状態は作れる。

それを悪意があるか否かを、どう判断するのだろうか?

こんな事で逮捕されるのであれば、プログラマーは逐一逮捕に怯えながら仕事をしなければならなくなるではないか。

 

Lets-get-arrested project(みんなで逮捕されようプロジェクト)



このプロジェクトを発足させたのは、プログラマーのhamukazu氏だ。

JavaScriptで『意図しない動作』で逮捕されたり補導されたりする件、

エンジニアみんなは団結して抗議する意味で、進んで逮捕されにいくのはどうだろう

 

はむかずさんはそう訴えた。

ホントにね。

警察は無知を認め、謝罪するところから始めるべき。

 

知識のない者が、権力を振りかざす恐怖だよね。

 

警察の言い分が酷い

「安易に行っている者への警鐘とインターネットモラルの向上を意図していた」

 

つまり見せしめ逮捕ってこと?

ブラクラがネットに張られるなんてことは、20年近く前からあったことでしょうに。

 

何故今さら?

動くならもっと早く動けよって思うし、ネットに弱いお偉方がブラクラ踏んで

その腹いせとしか思えない対応だよね。

 

イタズラが良いとは言わないが、問題はイタズラではなく、意図せず同じ状況を生んだ時、問答無用で書類送検されるシステムってどうなのって話よ。



 

自分の子どもにもそんなことが言えるのか

兵庫県警サイバー犯罪対策課は、この試みについて、

自分の子供にもそんなことが言えるのか?と強気なようで・・・

 

素直に非を認めればいいのに、横暴というかなんというか・・・

サイバー犯罪対策課って名前だからネットの知識も豊富かと思いきや、

それほど知識は持ち合わせていないということなのだろうか?

 

それとも警察も自分たちのやってる事に疑問を持ちつつも、

上の命令で、やってるだけなのだろうか?

 

兵庫県警のホームページに利用者に告知なく



Googleアナリティクスを導入していたらしく、叩かれる結果にw

すぐに撤去したそうだ。

 

Googleアナリティクスを使う際にはプライバシーポリシーにその旨を記載しないとダメなんだよね(´・ω・`)

サイバー対策課とは名ばかりの組織か。

 

これじゃあ、何もいえなくなるね。

 

まとめ 

・Lets-get-arrested project(みんなで逮捕されようプロジェクト)発足

・警察は決して非は認めず、バカな事としてプロジェクトを見ている様子

・サイバー対策課とは一体何なのか

・プロジェクトがどうなるか今後の動向に注目

 

もし、このプロジェクトに賛同した者が次々逮捕されていったら・・・

それはそれで問題視する声がさらに大きくなりそうだよね。

 

そうならないためにも、普通に警察が謝罪すればいいのにね。

明らかにおかしいでしょこんなの。



 

おすすめ記事



ランダム記事

feed

follow us in feedly

-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.