【映画】未来のミライ大コケ!酷評理由の上位はくんちゃん役の上白石萌歌か

リンクユニット
注目

今日の動画

広告

f:id:sarapan2014:20180727123855p:plain

7月20日から公開になった細田守監督の最新作『未来のミライ』だが、

思わぬ苦戦を強いられているようだ。

 

初週の土日2日間で動員29万5000人、興収4億円・・・

決して悪くない数字のように思えるのだけど、前作『バケモノの子』より40%減という厳しい現実だそうだ。

 

まぁ、慰めになるか解らないが、同時期にBLEACHやポケモン、ジュラシックワールドがやっていたというのも原因にあるかもしれない・・・

 

くんちゃん役の声優:上白石萌歌がミスキャスト?

f:id:sarapan2014:20180727125352p:plain

「くんちゃんの声が、全然あってない」

 

この手の問題は、どの作品でもぶつかる問題だと思うんだが、個人的には

『風立ちぬ』の『庵野秀明』を超える合わなさはないと思ってるのだけど・・・

予告編を見て、くんちゃんが喋ってるのか、他のキャラがしゃべってるのかが判別できねぇ・・・

 

こっちのが解りやすいか。

まぁ4歳児って感じじゃない気がするけど・・・うーん何とも言えないな。

 

でも、世間一般的な意見としては、『合ってない』という意見が多いようだ。

 

くんちゃんがウザすぎる?

f:id:sarapan2014:20180727130119p:plain

かなりのわがまま坊ちゃんらしく、見ていてイライラするらしい。

クソガキが嫌いな人にとっちゃ、苦行でしかない作品かもしれない。

 

まぁ親なら誰しも共感できるっちゃできるのかもしれんが、

フィクションでもリアルにクソガキを描画されても、確かにストレスを感じる人は少ないかもしれない。

 

人によってはエヴァQ以上にイライラするそうだぞw

相当だろww


 

家族愛をテーマにしてる?

「他人の家のホームビデオを延々見せられている気分だ」

 

マジかよ・・・それは確かに退屈だ。

レビューとか見てると、どうも『くんちゃん』のキャラ設定もよく解らないみたいだな。

4歳児特有のわがままっぷりを発揮しながらも、知識や言葉が4歳児を超えていたり、

声も合わさって、イマイチ感情移入も出来ないし、なんだか「?」でいっぱいな映画だそうだ。

 

「え?終わったの?」

 

っていうほど、実感もなくエンディングを迎えるそうだ・・・。

 

つまるところ、どこの世代が見れば面白いの?

子供や、結婚してない大人は、この作品を見ても、特に感じる事はないようだな。

子供が嫌いな人は、この映画を見ることで、さらに嫌いになるそうで、

かなり注意が必要なようだ。

 

とにかく終始盛り上がる事無く、気づけば終わってる・・・

そんな作品のようだ。

 

「何を伝えたいのかわからない」

 

この意見が多かった気がする。

 

まとめ

まぁ見てないので何ともいえないのだけど、

これだけ不評ってことは、見る人を選ぶんだなぁとは思う。

少なくとも万人受けはしない。

 

この映画は子供がいる親御さんが見て感動する映画で、

それ以外が見ても、面白くない上に不愉快な映画ってことで、


 

おすすめ記事

サイト内検索はこちら

Random Posts