【世界の何だコレ!?ミステリー】ネス湖にネッシーはいるのか!?原田龍二大捜査!

リンクユニット
新着
広告

f:id:sarapan2014:20181122112941p:plain

原田龍二のミステリー道は、座敷わらしに収まらず海外まで!

今回はネス湖の調査に向かうことに!

 

実は近年、ネス湖のいたるところで湖水を採取し、そこに未知のDNAが存在するかの調査を行っているそうです。

 

これは今までにないアプローチ方法だと思う。

生物が水中を移動すれば、当然皮膚やうろこのDNAは残るわけですからね。

 

まぁただ、この方法だと、仮に未知のDNAが見つかっても、

=ネッシー・・・とまでは証明できないけどね。

 

何者か未知の者が存在している・・・という事実だけ。

具体的な種別までは判定できるのであれば、面白いのだけどね。

 

ネス湖とは?

f:id:sarapan2014:20181122113654p:plain

ネス湖とはイギリス北部のスコットランドにある巨大な湖。

日本から飛行機で14時間もかかるようです(((( ;゚д゚)))(最寄空港まで)

 

ネッシー騒ぎ以前か以降かは解りませんが、世界的な観光地らしいです。

 

幅は約2~3km 長さは約36kmにもおよびます!

 

一見すると、綺麗な湖ですが、水中は赤茶に濁っています。

視界はほとんどないと言っていいでしょうね。

 

これは、ピートという植物が炭化したものが多く含まれているせいで、

水がピートを通ることで茶色い色がつくようです。

 

ちなみに水深は深い所で約230mにもなるそうで、

これだけの大きさと深さをもってすれば、ネッシーの1匹や2匹いても不思議ではないですね。

 

ネッシーの目撃者もいる

f:id:sarapan2014:20181122114604p:plain

これがネッシーかどうかは解らないが、謎の生物であることには違いない。

これを発見したミコ・タカラさんによれば、水の流れとは逆方向に泳いでいたそうだ。

そして、突然潜って消えたそうです。

 

水面から出している顔らしきものだけで、大きさは1mほどあったとか。

 

他にも、今年8月に12歳の少女がネッシーらしきものを撮影。

写真で見る分には、かなり疑わしくも思えるのだが、リアルタイムに見ていた彼女の話によれば、

巨大な生物は約1分間浮上した後、約3m離れた所に移動したそうです。


 

ネッシーはいるのか!?

f:id:sarapan2014:20181122115324p:plain

原田龍二はネス湖でキャンプ。

湖水は飲むわ、水温8℃の水に飛び込むわ、夜営はするわと、

さすが我らが原田龍二隊長だ。

 

そんな彼が撮った一枚に、それは写っていた。

 

これは一体・・・?

f:id:sarapan2014:20181122115449p:plain

お解かりになるだろうか?

湖面に浮かぶ何か小さな点・・・

 

f:id:sarapan2014:20181122115638p:plain

拡大したものがこちらになります。

首のように見えるが・・・これはネッシーなのか!?

 

全体写真から川幅3kmと推定した場合、

このモノの大きさは、なんと約10mと推測!!

 

で、デカイ・・・!!

こりゃ間違いなくいるってことやで・・・!!

ネッシーが!!

 

まとめ

もう映像としてしっかり撮れる日も近いかもしれないね。

日夜調査隊が研究してるみたいだし、ネッシーは一時期大ブームになったけど、

捏造が発覚してからはトーンダウンしてたからな。

 

今こうして再び注目が集まるのは、オカルトファンにとって、

喜ばしいことではなかろうか!?

 

いつか原田隊長にガチモンみてもらいたいぜ!!


 

おすすめ記事

新着記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts