https://www.piconyan.net

トレンドネタ

【とくダネ!】稽古?暴行?厳しすぎる空手に賛否!人間サンドバッグが話題!

投稿日:

ハッキリ言って危うくはあるがアリだとは思う

とくダネ!で報道された『空手の稽古動画』が今ネット上で賛否を呼んでいる。

1分にも満たない動画ですが、小学6年生の相手に、明らかに年上、

しかも30cm以上も背が高い男性が一方的に殴る蹴るを繰り返している。

 

まるで人間サンドバッグ状態・・・!!

 

最初こそ少年がラッシュを繰り出すも、それをものともせず、

後半は体格が上の男性による一方的な・・・まさに人間サンドバッグ状態であるのは

確かでしたね。

  

なぜ自分がこんな目に遭うのか疑問


動画に出てくる一方的に暴行を受けた小学6年生の男の子は、

何故自分がこんな目に遭うのか疑問だという。

 

この一件で、空手に対し、恐怖心を覚えてしまったとここと。

男の子は激しすぎる稽古に疑問を持ち、父親に動画の撮影を頼み・・・

 

考え抜いた結果、これは『稽古なのか?』それとも稽古を理由にした『暴行なのか?』

SNSでネットに訴えかけたそうだ。

ネット上でも意見は割れるみたいで、確かにこれは明確に答えが割れるものではないのかもしれない。

 

ちなみに、この動画を撮影した日に、男の子は道場を辞めたそうだ。

 

ポイント

・体格差のある、明らかに格上が、結構本気で殴る蹴るをしているのに疑問が

・ただ、弱い相手と戦っていても強くなれないのも事実

・防具をつけなかったのも疑問

 

結果が出ているのも事実

道場の側としては、事前に厳しい道場だという説明はしているとし、

こういった厳しい稽古の果てに、全国大会で結果を残す選手も出ているのも事実。

 

厳しいことを承知の上で道場に通っていたのであれば、

これは男の子がヘタレているだけとも見えるか。

 

道場の代表者も言っていたが、強い相手と戦わないことには、

決して強くはなれないという。

 

この男の子が、どの程度のモチベーションでいるのかも気になるところだが、

本当に全国大会で勝ち抜いて行きたいと思うのであれば、

格上との対戦経験ってのは確実に自分を強くしてくれるし、必要なことだと思う。

 

ちなみに一見するとかなり厳しい打撃に見えるものの、

足にはテーピングも二重にして、衝撃を殺しているらしいし、

当然本気で殴る蹴るはしていないようだ。

 

確かに空手の師範クラスが、体格差30cmの少年を相手に本気を出していたら、

普通に怪我じゃ済まないわけですしね。

 

ポイント

・道場側の言い分もごもっとも

・怪我への配慮もしていた

・素人目には本気で殴っているようだが、子供相手の加減はしてある

・全国を狙うレベルには必要な稽古


他の子供たちの意見は?

ちなみに、この道場に通う子供たちに、この稽古はどうなのか?と訪ねたところ、

こんなものは普通だと皆、口をそろえていた。

言うたら、もっと過酷な稽古の時もあるとか。

 

ようするにこれってのは受け手の気持ち一つなのかもだな。

本気で強くなりたいと思ってる人間なら、この位の稽古は当たり前だし、

酷いものではないと。

 

だって、指導を受ける子供たちが、これをよしとしなければ、

道場に人が来ずにつぶれるわけで、そうでないということは、

やはりこういう厳しさを求めている人も多いってことなんだろうね。

 

この動画を撮影した親子には、残念ながら合わなかったといわざるを得ないのかもしれない。

勿論このやり方が完全なる正解ではないかもしれない。

 

もっと別の指導法で、全国大会まで行ける可能性もあると思う。

だから、この稽古が肌に合わないと感じれば、それは全然辞めるのもありでしょう。

自分にあった稽古方で、強くなればいいと思う。

 

強くなる為の『早道』『遠回り』

指導の『合う』『合わない』は、人それぞれですからね。

 

ポイント

・小学6年生の男の子には合わなかっただけ

・これを良しとしてる子供たちも沢山いる

 

他の指導者からみて、いきすぎているのか?


ちなみに、他の道場の指導者に映像を見てもらった結果、

若干のいき過ぎ感はあるみたいだね。

 

それが防具・・・ヘッドギアをつけない点。

他の道場では怪我防止のために、確実に防具やヘッドギアは着用させるようです。

 

しかし、問題の動画の道場ではヘッドギアを着けない事を信条としているようです。

その理由として、ヘッドギアをつけると、その分視野が狭くなる上、

安心感からガードが下がる傾向があるそうだ。

 

恐怖心がなければ強くはなれないと道場の代表は語ったそうです。

確かに一理あるが・・・それでもやはりヘッドギアは欲しいかな・・・

まだ小学6年生だからね。

 

医者の見解でも、脳がダメージを受ける恐れがあるって言ってたし、

今までは何もなかったかもだが、何かあってからでは遅いと思う。

 

これは今の時代のクレーマー対策とかではなく、

普通に死亡事故が起きてからじゃ遅いからね?

 

まとめ 

結論として、この道場のやり方が正しいのか正しくないのかは判断しがたいと思う。

結局受け手の問題で、いじめと同じように、これを暴行と感じたのであれば暴行だし、

強くなる為の稽古だと受け取れば、稽古なのでしょう。

 

ちゃんと実績も出てて、予め厳しいとも伝えている。

その上で道場に入ってるのであれば、それはもう

今回の男の子が合わなかっただけという話じゃないのかな。

 

男の子はこの道場を辞めたようですが、空手は好きなのでこれからも続けていくそうです。

ポイント

・自身のモチベーションにあった道場を選ぼう

・今回の道場は、ガチで勝ちたい人向けの厳しい道場

・互いの利害が一致していれば、恐らく問題にはなってないと思う


おすすめ記事

-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.