【海外】全身ピンク色に染めた犬に批判殺到!飼い主反省せず次は虹色へ!

リンクユニット
広告

全身ピンクに染められた犬・・・明らかに虐待だろ

f:id:sarapan2014:20190206135129p:plain

今朝のめざましテレビや、とくダネ!でも取り上げられてたけど、

アメリカの21歳の女性が、飼い犬をピンク色に染めて、それをSNSに投稿した結果、批判が殺到!

 

まぁ当然だよね・・・こんなことしたら犬が可哀想すぎるやん。

 

元々は白黒の犬

f:id:sarapan2014:20190206135612p:plain

このグレート・デーンのドラマ君?ちゃん?は、元々は白と黒の犬。

これをあんな悪趣味なピンクと紫に染め上げられて、かわいそうだ・・・

犬は言葉が話せないので嫌とも言えないしさ・・・明らかに不自然なことをしてるわけでさ・・・

 

飼い主のエゴで、好き勝手やっていいわけじゃないと思うんだよね。

”愛犬”だなんて、とてもじゃないけど言って欲しくない。

本当に愛があるなら、あんな事しないでしょうに。

 

染めた身勝手すぎる理由とは?

そもそも何故飼い主は、犬をピンクに染めなければならなかったのか?

 

「多くの子供と大人の一部は大きい犬を怖がってるの」

 

ようするにデカい犬の恐怖心を少しでも和らげるためにあんな色にしたと。

 

「ドラマが美しい色で注目を浴びる楽しい方法だと思いました」

 

注目を浴びたいのは飼い主の方ではないのか?

飼い犬を自分が目立つための道具に使うとか・・・酷すぎるだろ。

 

グレート・デーンという品種は、成長すると体長70cmにもなる大型犬だそうです。

確かに怖いよ。

そして言いたいんだけど、ピンクになったからといって恐怖心は和らがないし、

むしろあんな自然界にいない犬の色してたら、よっぽど怖いわ。

 

クリーチャーかよ(((( ;゚д゚)))


 

犬に影響はないのか?

飼い主が言うには、クリエイティブな手入れが得意なペットサロンで染めてるから問題ないって言ってるそうだ。

 

でも、毛の短いグレート・デーンで、多かれ少なかれ、染料が皮膚に付着するからさ。

皮膚への影響もないとはいえない。

 

しかも、顔も全部で目に近いし、失明の可能性だってあるわけで、

恐怖緩和のために負うリスクとしては、全然つりあってないんだが。

これでこの犬が早死にしたら、どうするつもりなのかね。

 

本当に最低だと思うわ。

 

次は虹色

しかも、これだけ批判されながらも、女性は辞めるどころか、

今度は虹色に染めると言っている。

本当に正気とは思えない・・・飼い犬なら何をしても許されるとでも?

 

完全に虐待だと思うわ・・・

最低の飼い主の元にいった犬は可哀想だな・・・

 

まとめ

自分が目立ちたいからって犬をこんな風に使うとか・・・

信じられないわ。

日本では流石にここまでの馬鹿をする飼い主がいなくてホッとしてますわ。

 

飼い主のジェシカが染める事を辞めてくれることを祈るばかりだな・・・


 

おすすめ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索