トレンドネタ

【杉並区保育士刺殺事件】松岡佑輔容疑者「他の男がやった」多重人格?真犯人別説が話題

投稿日:

ただの言い逃れか、多重人格なのか、本当に別の犯人がいるのか?

f:id:sarapan2014:20190228231626j:plain

東京都杉並区で起きた保育士刺殺事件。

先日、同僚の松岡佑輔容疑者が逮捕されたが、一貫して刺していないと主張。

しかし、被害者からは言い逃れの出来ない容疑者のDNAが検出されているのだろう?

 

現場の状況も、松岡容疑者単独による犯行を指し示しているとか・・・

こりゃひっくり返すのは無理だろう。

 

多重人格の可能性

松岡容疑者は、被害者の照井さん宅に忍び込んだ事は認めているそうだが、

自分は照井さんを刺していないと言っているようだ。

そして、別の男が刺した・・・とも。

 

これが真実なのかどうかも解らないけど、少なくとも現場には

その第三者らしき痕跡は見つかってないそうだ。

 

松岡容疑者が多重人格であり、別人格による殺人の可能性ということなのだろうか?

しかし、多重人格ってのは自分の視点からもう一人を確認っておかしくない?

あくまでも視点は自分になるんだよね??

 

自分を通して俯瞰で第三者を目撃ってのは、多重人格ではないんじゃないのか?

 

本当に第三者がいた説



・容疑者が部屋に忍び込む異常性

・容疑者が被害者に寄せていた好意

・容疑者の部屋が汚れており、挙動不審な所を目撃されている

・容疑者が近隣住民に怒りをぶちまけていた

 

これらの情報からも、容疑者は異常者であり、やるだろうという先入観を

大多数の人間が持つと思う。

 

しかし、これだけで犯人と断定してもよいのだろうか?

松岡容疑者が犯人だという証拠ってのは、被害者に引っかかれた皮膚片の他に何があるの?

凶器に指紋とか、確実に刺したことを証明できるものがあるってこと?

 

松岡容疑者を擁護するというのではないんだが、

もし仮に容疑者の言っていた事が正しいとすると真犯人が野放しってことでしょう。



 

第三者の犯行と、その時の心境

ネットでは「本当に自分が犯人じゃないなら何故放置して逃げたのか?」

って意見もあったんだけどさ。

 

普通に考えて不法侵入はしているわけで、その落ち度があり、さらに目の前には死体がある。

さらにはうっかり凶器を触ってしまった。

 

この状況で警察に説明して、本気で自分の犯行じゃないと信じて貰えるのだろうか?

偏見かもしれんが、警察は状況を判断して殺人犯として逮捕するんじゃねぇのか?

有無を言わさずだ。

 

そうするなら逃げる事になんら不思議はないと思う。

そして、事件後挙動不審なのも、真犯人が自分を口封じに殺しに来るって考えても

不思議ではないだろう。

 

ただの言い逃れ



ただの言い逃れのために嘘の供述をしている可能性も十分ある。

とはいえ・・・そんなバレる嘘をつくものなのか?

 

頭のオカシイヤツを演じて、無罪を狙っている・・・という声も多数あるし、

それを完全に否定できるほど、この容疑者の事はしらない。

 

知らないからこそ、最初から殺人鬼として決めつけるのも危険だと思う。

警察が言い逃れの出来ない決定的な証拠と、第三者の痕跡が一切見つかってないってんなら、もう仕方ないのかもしれんが

 

もし、警察が保身に走り、今更”誤認逮捕でした”とは言えないからという理由で、

証拠も十分でない犯人を逮捕しようとしているなら大問題やで。

 

相棒とかのドラマなら、ここで特命係が犯人の話を聞いて真犯人を捜査するんだろうけど、現実は犯人のいう事でまともに捜査がなされるとは到底思えないよね。

 

この事件気になるわ・・・

 

まとめ

・犯人は本当に松岡佑輔容疑者なのか?

・犯人の言葉の信憑性について、警察はどのくらい真剣に話を聞くのか?

・ただの言い逃れ、多重人格、真犯人・・・どれが真実なのか

 

松岡容疑者が犯人なら、もう罪を認めて罪を償うためにこれからを過ごすべきだし、

もし本当に自分がやっていないとするなら、全部状況を説明し、

戦って欲しいとも思う。

 

まぁ・・・状況はかなり不利だろうけどね。



 

おすすめ記事



-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.