https://www.piconyan.net

トレンドネタ

チケット不正転売禁止法の疑問を解決!Q&Aまとめ!

投稿日:

チケット不正転売禁止法について勉強!疑問を解決!

本日2019年6月14日より『チケット不正転売禁止法』が施行されるということで、

今朝のめざましテレビで詳しくやっていたので、まとめていこうと思います!

 

・チケット不正転売禁止法で規制はどう変わるのか?

・どんなチケットが規制の対象なのか?

・お互い納得した取引でも違法になるのか?

etc・・・

 

これらの疑問に答えていきます。

 

チケット高額転売防止の新法施行!どう変わる?


今回のチケット不正転売禁止法で、今までとどう変わるのか、まずはそこを勉強しましょう!

 

これまでのチケット転売規制

■直接チケット高額転売(ダフ屋行為)/NG

コンサート会場前などで、直接チケットを高額で転売する、

いわゆる『ダフ屋』行為は、各都道府県の条例で規制され、迷惑行為にあたるため、

禁止されていました。

 

■インターネット上の高額転売/OK

これまではインターネット上での高額売買は、特に規制もなく横行していました。

つまりインターネットで高額転売は法律上、問題がなかったわけです。

 

今日からのチケット転売規制

■直接チケット高額転売(ダフ屋行為)/NG -> NG

■インターネット上の高額転売    /OK -> NG

 

これからは、どちらも規制の対象になるようです。

ただし、色々と細かい取り決めがあるようなので、

必ずしも全てがアウトではないようです。

詳しくみていきましょう。

 

ポイント

違反者には1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金、

もしくは、その両方が科される可能性があります。

 

規制の対象となるチケットはどんなもの?

これは『座席などの指定・名前が印刷されたチケット』が対象とのことです。

 

そもそも自由席とかで高額転売される事って少ない気もしますが、

この対象外であれば、高額転売しても、特に罪に問われることはないそうです。

 

それでは、そろそろQ&Aに行きましょうか。


Q.高額な値段で買うと、こっちが納得していても違法になるの?

A.定価以上の価格で売る場合でも、通常は『業』として行ったことにはならないので

  処罰の対象にはなりません。

 

ポイント

業とは?

常習と近い意味。

反復・継続してやる意思をもってすること。

 

つまり、利益目的でチケットの高額転売が常習化していた場合、罪になる可能性があるということです。

 

逆にいえば、一回こっきりとか、ごくごくまれにチケットを譲りたいとかで、

高額で他人に売るのは罪に問われないということです。

 

あくまでも、転売を生業としている輩が罰則を受ける仕組みになってるようですね。

どっからが常習になるのかは難しいところですけどね。

 

Q.通常価格に手数料や、送料を上乗せして転売することはダメなの?

A.常習性がなければ特に問題なし!

  ただし、常習・悪質と見なされると、

  たとえ定価に1円上乗せしただけでも罪に問われる可能性があるそうです。

 

Q.買う側も罰せられるの?


A.購入した人は罪に問われることはありません^^!

  

  ただし、これまた注意が必要なのですが、

  自分も転売を目的として相手から購入する場合は、

  罪に問われる可能性があります!

 

Q.転売サイトとかって沢山あるけど、あれはええのか?

A.そもそも不正転売に当たらないので、転売した人も、

  仲介サービスも、罪に問われないそうです。

 

これは結構モヤっとするんだけど、転売サイトはどういう法律の抜け道をやってんだろうね?

 

だって定価5000円のチケットを、転売サイトで12000円とかで転売しても、

なんら問題がないっておかしない?

 

【売り手】定価5000円のチケットを

     8000円で仲介サイトに売ります→3000円の利益

【仲介サイト】12000円で売ります→4000円の利益

 

利益が分散してるからOKなの??

よくわからんですわ・・・

 

チケット仲介サイト・チケットストーリーのコメント

当社で売買仲介するチケットは、すべて売り手会員より

『不正転売にあたらない』旨の誓約をうけて掲載しています。

 

出品内容を常時モニタリングし、不正転売があった場合、

注意喚起・出品削除・利用制限などを実施します。

 

ふーむ・・・頻繁にチケットストーリーを利用してたらアウトってことなんやろか?

 

まとめ

・直接手渡しでチケットを高額転売→NG

・インターネットで高額転売→基本的にNG

 →対象になるのは座席指定や名前の印刷されているもの

 →常習性がない場合はOK

 →定価に手数料や送料を上乗せして売る場合もOK

 →ただし、常習性や悪質な場合は1円でも上乗せしたらアウト

 →常習とそうでない線引きが難しい

 

・買う側も罰せられるのか?→買う側は罰せられない

 →ただし、自分も転売目的で買う場合は罰せられる可能性あり

 

・転売サイトはいいの?→転売した人も仲介サイトも問題はない


おすすめ記事


しろんのアンテナ

feed

follow us in feedly

-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.