トレンドネタ

【炎上】安田さんはジャーナリスト失格!渡部陽一さんの戦場取材の掟が話題!

投稿日:

f:id:sarapan2014:20180731222238p:plain

シリアの武装組織による拘束から解放された安田純平さん。

すでに英雄のような扱いを受け、メディアで引っ張りだこのようですけど・・・

正直手放しには喜べないですね。

 

救出に際し、国税が使われてはいないようですし、生きて解放されたことは喜ぶべきことかもしれません。

 

しかし、それは単に運がよかっただけでしょう。

それに迷惑自体は誰かしらにかかってると思いますよ。

 

”よかった”とは思うけど、それ以上の感想はないし、まして英雄視するのも違う気がする。

 

安田さんは所詮素人・・・アマチュアなんだろう



プロの戦場カメラマン渡部陽一さんから見れば、

安田さんはジャーナリスト失格なのだろう。

 

それは渡部さんの掲げた『戦場取材の掟』が物語っています。

 

1.最前線に行く時は、世界最強の軍隊の自走砲部隊と行動する

2.ゲリラが蔓延る地域には、絶対に近づかない

3.戦場が流動的なところには、絶対に行かない

4.国外の難民キャンプなどを中心に取材をする

5.たとえ護衛がいたとしても、危険な場所には近づかない

6.国境地域から一歩も紛争国の中には基本的には入らない

7.捕まる奴は、その時点でジャーナリスト失格

8.ボディーガードは、その地域の最強の人間を大金で雇う

 

この原則に基づいて行動をしているからこそ、

渡部陽一さんは今も無事に取材が出来ているわけです。

 

要するに身の安全を最優先に、金にいとめはつけないということ!

 

安田さんは捕まってる時点で、もうジャーナリストではないのです。

 

どれほどの覚悟だったのか?

彼のジャーナリズム魂なのか解りませんが、危険な場所に、止めるのも聞かず突っ込み、結果として捕まってしまったわけだが・・・

 

どこらへんまで覚悟して行動してたんだろう?

 

死ぬ覚悟をして臨んだけど、やっぱり命は惜しかった・・・ってことなのかなぁ?

 

まぁ・・・ぶっちゃけ、どんなに覚悟決めてても、死に直面したとき、

どんなに恥知らずでも生きたいと・・・助けてくれ!と言ってしまうのは、

しょうがないとも思いますね。

 

自分でも命乞いすると思うし、助かりたいなら恥も外聞もないかもしれん。



 

なぜウマルちゃんだったのか?

安田さんは拘束時『韓国人のウマルです』・・・と名乗っていたが、

あれは一体何だったのか?

 

本人の話によれば・・・

 

「日本人であることとか、私の実名を言うと、

 他の囚人がそれを聞いて、もし彼らが解放された場合に、

 私の監禁場所を知っているので、例えば日本側に通報するとか、

 ほかの組織に通報するとかしたらバレてしまう。

 だから、実名を言うとか、日本人とか言うのは禁止されていたんです」

 

????

ちょっと何を言ってるのかわからない。

 

安田さん含め、他の囚人たちも、自分達が捕らえられている場所は把握してるってこと?

他の誰かが解放された時に、残りの捕虜の情報を捕虜の母国に告げられないようにするために、国も名前も虚偽で伝える事をルール化してた??

 

メチャクチャ日本語で喋ってたけど、囚人たちが日本語を解らない前提だったってことなのかな??

え?それなら日本人ってことも解らないだろうし別に国を偽る必要はなかったんじゃ・・・

 

なんかよくわからんけど、メチャクチャだな。

テロリストも頭弱いのかもしれんな。

 

地獄だった



安田さんは3年間を振り返り、地獄だったという。

それはそうだろうなぁ。

生きるか死ぬか、解放されるのかされないのか・・・

この生活はいつまで続くのか・・・

 

肉体的にも精神的にも苦しかった事は容易に想像がつく。

まぁ・・・自業自得な部分も多々あるだろうけどね。

 

そんな彼が一番頭に来たのは、荷物を取り上げられてしまったことのようだw

解放されて、荷物がないことにかなりご立腹だったようだなぁ。

気持ちはわからんでもないけど、とりあえず「助かった・・・」で胸いっぱいになると思いきや、荷物が無い事に腹を立てられるって、ある種肝が座っているのか・・・?

 

命があっただけでも喜ばねばな。

 

まとめ

とりあえず、しばらくは日本を離れるのもいいかもしれんな。

いくら税金で助かってないとはいえ、なんやかんや言う人は言うだろうしな。

 

ネットだけなら、ネットみなきゃいいけど、家電にイタ電しまくったり、

貼紙貼ったり・・・過剰な事する奴らもいるからな・・・

 

もう放っておくのがベストでしょう。

もっとも、また危険地帯にいかないようにパスポートは没収するか、監視するかは必要だけど。



 

おすすめ記事



-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.