おすすめのアニメや映画作品、漫画などの紹介や 日々のニュースや、炎上案件など、トレンド情報をお届けするブログです。

しろんのブログ

【完全にヤクザ】大阪府警の理不尽すぎる職質!!録音強制削除で証拠隠滅も

https://www.piconyan.net

トレンドネタ

【完全にヤクザ】大阪府警の理不尽すぎる職質!!録音強制削除で証拠隠滅も

投稿日:

口が悪いにも程がある

大阪府警が突如車を止めた事が全ての始まり。

止められた車(以下:撮影者)は警察のいう事に素直に従うも、

とにかく警察は複数人で言葉を畳み掛け、有無を言わさぬ感じ。

 

その高圧的態度に納得できない撮影者は、それについて訴えるも、

ゴチャゴチャゴネんなや!!と一蹴・・・

これが警察のすることなのでしょうか。

 

国家権力の名の下に市民に言動すら許さず、我侭を通す・・・

あまりに酷いと思いましたね。

 

普通ならすぐ終わるような話が延々続く

まず何を撮っているのかから始まり、免許を見せろと畳み掛ける。

撮影者もすぐに免許を出せば話は終わりそうなものですが、

警察がそれを阻止し、自ら車内を物色。

 

執拗にフラッシュを撮影者に向け放ち、嫌がらせをしているようでした。

その後、車内から名刺を見つけたようですが、

どうも撮影者本人のものではないらしく、苛立ちを増して行く警察。

 

徐々にヒートアップし、語気も荒くなっていきます。

その口調はまるでヤクザのようです。

 

「ガタガタさっきから文句言うなやコラァ!!!」

 

言動に納得のいかない撮影者と、さっさと免許証を確認したい警察の

どうしようもない押し問答。

 

いい大人なんだからどちらかが折れるとかないんだろうか。

証拠隠滅ともとれる行動

動画では警察が録音なり録画なりの機材を見つけ、

勝手に削除しようとします。

 

自分たちの言動が、その後SNSで伝えられたらヤバイと感じたのでしょう。

急いで消そうとするのです。

 

警察は「こんなことしてセコいヤツ」と口走っていましたが、

こういった警察の暴挙から自衛するために必要だと感じました。

 

警察だからといって、何をしてもいいはずがないんですよね。

ちゃんと法に基づいて、冷静に対応しなければ。

 

そもそも撮影者がパトカーに止められた時点からおかしな話な気がします。

「危ないぞ!」と声をかけ、クラクション連発で車を止めてましたけど、

そんなにスピードも出ていないようでしたし、どこら辺が危険な走行なのか

動画からはよくわかりませんでした。

 

その後、判明するのですが、どうやら2車線の道路を警察が隊列を組んで走行中

そこに入ってきた事で、捜査の邪魔をしたと見なしたようです。

 

え!?捜査の邪魔!?

 

これ・・・いくらなんでも理不尽すぎませんか?

捜査の邪魔って言ってるけど、捜査してるなら、

いちいち車に突っかかってくるもんなのでしょうか?

 

その後、車内にあったカメラに気付いた警察は、執拗に動画削除を求めます。

捜査中の映像を録画した事がNGという理由のようです。

これもこれで理不尽な話ですよね。

 

車内から撮る映像なんて、撮れてたとしてもドラレコとさして変わらないじゃないですか。

それに、中身の映像を確認する際も、警察署で見せると言ってるにも関わらず

その場での確認および削除を命じる。

 

いくらやましい映像がないにしたって、

見られたくないものだってあるかもしれないじゃない。

警察の横暴には呆れますね・・・

 

まとめ

今回の一件、警察の行動が正しいにしても、やり方ってものがあると思います。

最初から丁寧な言葉遣いで、お願いする形で話を進めれば、

互いに嫌な気持ちになる事もなかったはずです。

 

普段から国家権力を盾に横暴な態度ばかりしてるから、

こういう本性が出てしまうんです。

 

警察すべてが、こんな対応ばかりではないと思います。

ですが、現実としてこういった対応をする警察もいるわけですし、

そういった所を改めてもらうためにも、この事実は多く知られるべきではないでしょうか。

ポイント

・理不尽に止められたのは捜査中のパトカーの隊列に近づいたため

・ちゃんと止めた明確な理由を最初に伝える事もせず、理不尽な対応をする警察もおかしい

・言葉遣いや冷静な態度は警察でなくとも必要に感じました。

 冷静さを欠くと5分で済むような話も延々どうどう巡りになる。

・警察も日夜悪人と戦ってるのかもしれませんが、少なくとも

 普通の一般市民に対しては優しく接する事も忘れないで欲しいです。


おすすめ記事10選(ランダム)

おすすめ記事

-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.