https://www.piconyan.net

トレンドネタ

【ヤバイ】代々木アニメーション学院のYouTuber科は無駄金なのか!?

投稿日:

2年で264万円の学費を払う価値はあるのだろうか?

代々木アニメーション学院に、新たに『YouTuber科』を設立したとして話題になっています。

今や、なりたい職業ランキングにもYouTuberが入ってくるほど、

時代の波は来ているようですが・・・

 

でも、そもそもYouTuberって誰かに教わってなるようなものなのか?

いってみれば、機材とアカウントさえあれば、その瞬間からなれるものですよね。

稼げる・稼げないはおいておいて・・・

 

2020年からスタート

YouTuber科の一期生となるのが2020年の4月の入学者らしいのだけど、

いわば、これは教師側も、生徒側も初の試みになるわけだよね。

結構な”人柱感”が否めない気がする。

 

しかも、実際に2年のカリキュラムを経て、デビューするのは2022年です。

ここに到るまでに自分のチャンネルをもって成長させていってるとしても、

いきなり卒業して収益化が始まるとは考え難いよね。

 

そりゃ売れる人は一瞬で収益化までいくかもだけど、逆に売れない人は全然だと思うのだがな・・・

 

YouTuber科卒業した全員が稼げるほどのYouTuberに育ててくれるっていうのであれば

代々木アニメーション学院YouTuber科の価値も十二分にあるかもしれない。

しかし、絶対という保証はないでしょう。

 

もう言っちゃうと

264万円ドブに捨てる可能性だってあるわけだ(((( ;゚д゚)))

 

シバターも苦言を呈す

このネタを書こうと思ったきっかけがシバターの動画なのだが・・・

すでにYouTuberで成功している彼が言うからこそ説得力もあると思う。

 

動画を見ればわかるのだが、実にごもっともなことしかいってないと思う。

流行り廃りのあるYouTuber業界で、VTuberの衰退、その瞬間瞬間でどういう動画を出せばいいのか、瞬時に見極め、適応していく必要は確かにあるでしょうね。

 

果たして2年のカリキュラムで、どれくらい臨機応変にYouTuberとして行動できるようになれるか・・・


YouTuberとして失敗したとしても

まぁ代々木アニメーション学院もバカではないでしょうから、

必ずしもYouTuberとして成功するとは思っていないでしょう。

 

例えYouTuberになれなかったとしても、2年間がムダではなかったように

ちゃんと別の道で食えるくらいには育ててくれると思う。

 

・動画編集技術

・ナレーション技術

 

自分が面白いこと出来なくても、これらの技術が身につくのは、結構大きいと思う。

ココナラとか、フリーランスの仕事として、こういった仕事は結構あるからね。

別にYouTuberとしての成功が全てではないということ。

 

まぁ・・・YouTuber科に入るんだから最終目標はそこなんだろうけど、

でも、どんな世界もそうだけど、思いだけでなれるほど簡単なものじゃないよね現実は。

 

とにかく、まったくのムダではないとは思う。

(まぁ264万円と2年をかけて学ぶことかというと疑問だが)

 

2022年がどうなってるのかまだわからない

ちなみに代々木アニメーション学院YouTuber科のカリキュラムを見てみよう。

 

1年次

・YouTuber育成講座/YouTuber界隈現状把握・企画・撮影方法・機材の使い方
・キャラクター設定・企画/どんなキャラ設定や企画がウケるか考察
・キャラクターボイス/VTuber用のトレーニング
・撮影・編集・配信スキル/動画編集を学ぶ

2年次

・モーションキャプチャー/完全にVTuber講座
・トークスキル/YouTuberに求められる話術を磨く
・ヴォーカルトレーニング/発声を鍛える
・ヴァーチャルLIVE/生配信を行い本番力を高める

 

ふむ・・・色々と考えられてはいるようですね。

しかしシバターいわく、すでにVTuberの人気は低迷期を迎えているそうで、

これから先・・・2022年デビュー時に、果たして活躍の場が残っているのか

かなり疑問だそうだ。

 

でも逆にだよ?

完全に流行が終わった頃なら、第二次ブームを作ることもできるかもしれない。

むしろオワコン化は望ましいかもしれんぞ?

 

まぁ実際VTuberのみの育成ってわけじゃないんで、

普通に自分を画面に映して活躍すればいいしさ。

 

まとめ

・代々木アニメーション学院YouTuber科は、本当に大丈夫なのか?

・264万円と2年の歳月をつぎ込むより独学で学んだほうがいいのではないか?

・264万円と2年の歳月をつぎ込むからには失敗してもリカバリーできるような

 技術力はちゃんと身についている!・・・と思いたい。

・決めるのは自分自身!スターが生まれる可能性もなくはない!

 

この学費を払ってそれを取り戻せるだけのYouTuberになれればええけどね。

なれるかどうかなんてものは誰にもわからんでな。。

ただ、YouTuberはこんな大金をかけずともなれるし、勉強するなら、

すでに成功しているYouTuberを見習えばいい。

 

まぁ動画編集ソフトや、その使い方に関しては、結構大変かもだけど、

少なくとも10万もしないでしょうしね。

 

ま、決めるのはあなた自身です!


おすすめ記事

-トレンドネタ

Copyright© しろんのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.